サイズの測り方|飲食店の制服を製造するべし|圧巻のデザインは唯一無二の個性

飲食店の制服を製造するべし|圧巻のデザインは唯一無二の個性

メンズ

サイズの測り方

子供たち

クラスtシャツを作る際に、人それぞれサイズを図らないといけません。自分の体にフィットしている服を着ないと動きが不自由になり、運動会などで全部の能力を発揮することができます。そこで、インターネットで注文する際にサイズを測るコツがあります。それはまず、業者によって同じMサイズでも大きさが異なります。だから、その注文する業者のサイズの項目を確認します。そして実際に測っていくのですが、まずはクラスtシャツの首周りを測ります。ポイントしては首がきつくならないように適度のサイズから1㎝から2㎝余裕を取ります。次に裄丈を測ります。これは、首の付け根の中心から、手首のくるぶしまでの長さを測ります。ここでは、メジャーを引っ張って測るのではなく、自然に伸ばした形で測りましょう。その他には肩幅を測っていきます。右肩の骨の端から左の骨の端までを測定します。その際に首の付け根を通るように測りましょう。また胴回りもチェックする必要があります。バストは両脇のすぐ下の位置から胸の周りを調べます。そしてウエストです。おへそを通る腹部のあたりで測りましょう。こういった項目を実際に図って注文することで、クラスtシャツが完成した際に違和感なく着ることができるのです。自分の体型にあった服を着ることで見栄えをよく、不自由なく着用できるのです。クラスtシャツを作る際に一番多いトラブルがサイズの問題になります。そのトラブルを引き起こさないためにも事前に調べることでスムーズに業者とやりとりすることができます。